自分が主役になって世界に飛び出そう!

大阪大学 高等共創研究院/ 大学院 工学研究科
准教授 丸山 美帆子 

大阪大学は研究型の総合大学で11の学部を有します。各分野で世界最先端の研究が行われており、学生も主役となって活躍しています!また、大阪大学は、これからの未来を担う女子学生の応援にも特に力を入れています。
私が所属するマテリアルイノベーション領域は工学部にある研究室で、様々な「結晶」を研究対象としています。本研究室を一例として、大学の研究室における生活や、研究の楽しさをお伝えします。

一度しかない人生、思う存分挑戦してみよう!

岡山大学大学院 環境生命科学研究科
准教授 門田 有希 

新型コロナウィルスの感染拡大により、私たちは未曾有の事態に直面しました。これまでの生活様式が当たり前でなくなり、不安を感じた人も多かったのではないでしょうか。一方進路について、真剣に考える機会を得た人もいるかと思います。
大学ではたくさんのことを学べます。最先端の研究に触れる、あるいは海外経験などを通じて多様な価値観をもつ人と出会うこともあるでしょう。これからの明るい未来を信じて、みなさんには、ぜひいろいろなことに挑戦してみてほしいと思います!

意志あるところに道は開ける

京都大学 iPS細胞研究所
特定拠点講師 今村 恵子 

「意志あるところに道は開ける」どんなに困難で険しい道でも目的とそれをやり遂げるという強い意志があれば、必ず道は拓けるという言葉です。後から振り返ったときに、自分にやれることを全てやった上での結果であると受け入れられるよう行動すれば、後悔することはありません。やらない言い訳より、やるための知恵を出すことが大切です。無限の可能性を味方に、挑戦を続けていただきたいと思います。

物事を多面的な視点で分析する力を養おう!

神戸大学大学院 工学研究科
助教 片岡 沙都紀 

私達の研究室は,土木分野の中でも「地盤」に関係した研究をしており,豪雨や地震時における道路盛土の崩壊メカニズムや,路面下空洞の発生メカニズムなど,地盤に関する「何故」を現場調査や室内実験を通して検討しています。このような研究を通じ,今後安定した土構造物の構築と崩壊予測手法を確立させ,市民生活の安全を守るためにはどうしたらよいのかを,研究室の学生たちと日々考えております。

サイエンスの力で自分だけの花を咲かせよう!

徳島大学大学院 医歯薬学研究部
講師 堤 理恵 

サイエンスは、わたしたちを自由に、そして好奇心旺盛にしてくれる存在。一言でサイエンスといっても、生命や自然事象の本質に向き合うこともあれば、化粧品や食品の開発に携わること、ロボット技術の進歩に寄与するなど様々な活躍の場があります。自分が夢中になれることに出会い、日々ワクワクし、深く物事を考えると、その先にはまだ誰も見たことのない世界が待っています。一緒に自分だけの花を咲かせましょう。

「心地よくできること」から始めよう

公立大学法人大阪(大阪府立大学)
人間社会システム科学研究科 准教授 黒田 桂菜 

私は、海の環境をテーマに研究者・大学教員という仕事をしています。この仕事に就くまでの道のりは、最短ではなく色んな“ 寄り道”をしてたどり着きました。そのおかげでたくさんの人に出会い、自身の視野を広げることができました。皆さん、遠回りだったとしても、自身が「心地よさを感じる」ことに、真摯に取り組んでみてください。そうすれば、おのずと世界が開けるでしょう。SDGsも、「心地よくできること」から始めてみよう。

「考動力」と「革新力」の育成をめざして

関西大学 副学長
社会安全学部 教授 高橋 智幸 

すでに世界の共通言語となったSDGs。その達成のために、関西大学は「KANDAI for SDGs 推進プロジェクト」を設置し、全学をあげて積極的に取り組んでいます。その学びの一つとして、2020 年度から全13 学部の教員によるSDGs 入門・実践を開講。日常生活での気付きやその奥にある世界的な課題に主体的に向き合い、学び、共有する。人間、地球、豊かさのためにできることを、自ら考え、臆することなく挑戦し、共に国際社会の一員としてがんばりましょう。

AI 活用スキルを磨いて、新しい価値の創造へ

関西学院大学 副学長
工学部情報工学課程 教授 巳波 弘佳 

科学技術は、良くも悪くも世界に多大な影響を与えています。技術を知らずにSDGsの課題は解決できません。しかし、技術を知っているだけでSDGsの課題を解決できるわけでもありません。文系理系の枠を越えて思考を巡らし、実際に新しい価値を創造する人材こそがこれからの社会を動かします。今、特にA(I 人工知能)や情報技術が世界を急速に大きく変えています。AI 活用スキルを身につけて世界をより良い方向に動かしていきましょう!

すべての国の、すべての人の発展を目指して

桃山学院大学 ビジネスデザイン学部
特任教授 伊澤 映子 

SDGsは2015 年まで実施されたミレニアム目標(MDGs)を進化拡大した行動指針です。MDGsでは開発途上国が主役でしたが、SDGsはすべての国のすべての人の発展を目指しています。日本のSDGs 達成に必要なのはSDGsの「世界を変革する」という理念を理解し行動できる若者・女性です。このような人材の育成をめざし、桃山学院大学は2021 年にビジネスデザイン学部を創設しました。世界を舞台に活躍したい皆さんをお待ちしています。

SDGs貢献に繋がる機能性化学品を世界へ

三洋化成工業株式会社
総務本部副本部長 兼 CSR 推進部長 山崎 有香 

当社は化学メーカーであり、環境にやさしい社会に役立つ機能性化学品(パフォーマンス・ケミカルス)を提供しています。
当社が開発・提供するパフォーマンス・ケミカルスは、サステナビリティに求められる「もっと省エネで」「もっと少量で」「もっと長持ちする」等の実現に貢献するものです。これからもみなさまの生活のさまざまな場面で「もっと…」を、もっとよいものに、もっとよい形に。
三洋化成のチャレンジは続きます。

視野を広く、自分に合った未来を目指して!

住友電気工業株式会社
(住友電工システムソリューション 出向) 小林 史歩 

当社は幅広い分野で社会基盤を支えており、理系の中でも電気・機械・化学等様々な分野の方で構成されています。私は中でもソフト開発が業務で、男性っぽい仕事と思われがちですが、ライフイベントの影響を受けやすい女性にとって① I T人材の需要が大きい②在宅勤務にも柔軟に対応できる等の利点も実は多いのです。皆様も無意識の偏見に捕らわれず、是非色んなものに興味を持ち、広い視野で自分の未来を探していってください。